読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭木の管理

古民家再生

f:id:dark-eyes-owlet:20160718143600j:plain
百日紅の木】

今日の百日紅の木の様子。夏には赤い小さな花を沢山つける。涼しげな花ではないが夏の花だ。
実はこの木も他の庭木と一緒に春になる前にバッサリと剪定しておいた。下がその時の写真。

f:id:dark-eyes-owlet:20160718143634j:plain

直後はこれだけ切れば今年は目が出てこないかなといらぬ心配をしていたが、なんてことはない。秋にはまた剪定をしないといけなくなりそうな勢いで枝が伸びている。
剪定をするのも手間だが、もっと大変なのが剪定した枝葉の処分だ。
束ねて処分場に持って行くのが良いのだろうが、庭中の剪定をやった後の枝葉の量は半端じゃない。これらの処分も考えておかないと剪定も簡単にできない。
そう言えば、野人さんのブログにもそんな内容が書かれてあったな。
上の写真の木の根元には春に選定した枝葉が放置されたままになっている。