読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解体の段取りを考える

f:id:dark-eyes-owlet:20160721081249j:plain

【母屋と離れの接続部】

屋根の塗装も気になるが、この気候なので屋根はあきらめ一部解体部分に手を入れようと考えている。
まずは離れとの接続部だが、こちらも離れ部分への影響を考えると撤去して風を通したいところ。

そこで気になったのが大量に出そうな屋根と壁の土をどうするか。
今後改修工事で土壁の補修に必要になるかもしれないが、積極的に土壁の増設を考えないのなら、ほとんど無用。

野人さんのブログでも土壁の効果についてふれられていたが、土壁は断熱ではなく蓄熱効果だと。
蓄熱で夏を涼しくとなると、夜の間に土壁を冷やしておかないと。これは簡単にはいかないなぁ。
ならば調湿効果は如何なものか。私は気温よりも湿度が気になる方なので、昨日のようにカラッと暑い方が、今日の少し気温が下がっても湿度が上がる方より過ごしやすい。

ところで本題の解体の段取りだが、上からやるのか下からやるのか見当が付かない。
下からやってて重い瓦が落ちてきてもイヤなので、瓦から下ろそうかな。



f:id:dark-eyes-owlet:20160721144344j:plain

【接続部の裏側】
中にトイレがあるので便槽の処理も考えておかないと。