読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草木ストーブの試運転

f:id:dark-eyes-owlet:20170212153834j:plain
【草木ストーブ】
今日も天気が良いので現場へ向かう。
先週の残りの塗装作業をやるか、玄関周りの整備をやるか迷うところだが、気温も低いことなので草木ストーブの試運転も兼ねて玄関前の整備をする事にした。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212154335j:plain
【放置していた草木を入れる】
チャッカマンで火をつけると直ぐに燃えるがすぐに消える。なかなか着火しない。
難しいもんだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212154909j:plain
【燃料にする小枝】
うん? この形、あれに使える。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212155027j:plain
【小枝のペーパーホルダー】
プラスティックのホルダーを探していたけど、ここにはこれの方が似合う。
残念ながら今日はインパクトドライバーを持ってきてないので壁に固定ができない。次回の楽しみにしよう。

おっと遊んでる場合ではない。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212155419j:plain
【Before】
井戸の周りが枯れ草だらけ。井戸の神様も息苦しそうだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212155709j:plain
【After】
ちょっとさっぱりした感じ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212160013j:plain
【唐鍬の持ち手に小鳥】
小綺麗になった途端にお客さんが来た。
誰も声をかけてくれないけれど、小さなお客さんが来てくれた。
それとも君の大事な巣を壊してしまったのか?

f:id:dark-eyes-owlet:20170212160322j:plain
【近づいても逃げない】
花鳥風月にうといもんで、なんて鳥かわからないが、この場を立ち去ろうとしない。
さっきなんかミミズをくわえて美味そうに食っていたかと思うと、鍬の柄に糞を落としてくれた。
訪問のお土産にしては品がないなぁ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212160839j:plain
【ステンレスの本体が良い色になった】
ストーブより向こうに枯れ草や枯れ枝が山の様になっているのは目をつぶって、今日のところはこの辺で良しとするか。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212161116j:plain
【県道側から】
次はこの辺りに「古民家再生中」の看板を立ててやろうと思う。

f:id:dark-eyes-owlet:20170212161134j:plain
【角度を変えて】
それにしてもなんでこんなに石がゴロゴロあるんだ。
これらが刈払い機を使う時に邪魔になっていた。
石って動かすとなると結構重いんだよなぁ。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。