過去問チェックの状況

f:id:dark-eyes-owlet:20171216092439j:plain
【科目別の○△×の数】
資格試験対策のクライアントからやっと2年分の過去問のチェック結果が提出された。

過去問チェックに要した時間も問題だが、チェック結果にも唖然とした。
最もある程度想像はしていたが、これは指導しがいがありそうだ。

実は×の数はそれほど気にはならなくて、○の数で得意分野を、△の数で不得意分野を判断しようと思っていた。

×については見たことも聞いたこともないわけだから、これからやれば良いので、問題は△の数だ。
これは説明を聞いたことがあるのに理解できなかった訳だから理解させるのに手間がかかると言える。

クライアント本人の談では計画と施工は割と触れたことがあるらしい。「それでこれ?」って口から出そうなところを抑えた。

28年と29年とでバラつきがあるので一概には言えないが、法規と構造は難関だと言える。

法規についてはどんな資格試験にもつきもので、苦手な人はとにかく苦手らしいが、これは私なりの対策があってどの資格についても共通に対応できる。
もっとも、法律そのものを扱うような資格はそんな姑息な手では対応仕切れないが。

構造については私もとりあえず勉強しないといけない科目だ。

さぁこのクライアントを合格(一応私の担当は学科のみ)にまで導くことができるかどうか、まずは本人の覚悟を最終確認してみようと思う。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい