表の縁側の下地合板貼り 続き

今日は朝からあいにくの雨模様。

やる作業は沢山あるけれど、相変わらず雨が降るとどうも調子が出ない。

それでもとにかく現場に出かけ、昨日の作業の続きをやることにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216152849j:image

【きつつき刃での切り込み】

今日も柱の位置に切り込みを入れる作業はきつつき刃を使った。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216154036j:image

【柱の位置の切り込み】

この程度の切り込みならジグソーを引っ張り出すほどでもない。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216152700j:image

【うちのが持たせくれたおにぎり】

キリがついたところで昼食。出かけるときにうちのがおにぎりを持たせてくれた。コンビニのおにぎりは食べると後で喉が渇くので、自家製のおにぎりは有難い。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216155235j:image

【切り欠き箇所の微調整】

手鋸で切り欠いた後の微調整は鉋でやる。電動工具は便利だが、やはり手工具は頼りになる。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216161344j:image

【縁側の西側の隅】

中途半端な隙間が残ったので、隙間の形に合板を切って入れてみた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216162157j:image

【下地合板を貼り終えた表の縁側】

思ったより時間が掛かった。この後、合板の四隅にパネルビスを打って仮固定。

続いて丸釘を打って仕上げるのだが、棟梁の作業時に入れた下地合板の具合が悪かった場合にやり直しにくくなるので、丸釘を打つのはやめたが、いつでも釘が打てるように根太の位置に合わせて墨線を入れておくことにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216163011j:image

【墨壺を使っての墨引き】

子供の頃、大工さんが墨壺を使って墨糸をパチンと弾くのを見てカッコいいと思ったものだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216163517j:image

【入れた墨線】

ところがやってみるとなかなか上手く墨線が決まらない。直ぐ横に木村棟梁が入れた墨線があるが、濃く適度な太さの線になっている。

f:id:dark-eyes-owlet:20200216163832j:image

【根太の位置に入れた墨線】

裏の縁側の下地合板にも根太の位置に墨線を入れた。薄く見にくいけれど釘を打つ目印ぐらいにはなるだろう。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

表の縁側の下地合板貼り作業

今日は現場の作業以外にやりたいことがあるので、がっつり作業とはいかないので、表の縁側の床下地の合板を貼る作業をやった。

f:id:dark-eyes-owlet:20200215211128j:image

【表の縁側の東の端】

合板を入れる幅が970㎜で、合板の幅の910㎜より広いので、合板の1,820㎜側から970㎜取って、910㎜幅毎に入れていくことにした。

縁側の東の端から入れ始めるが、910㎜幅の合板の両端が根太のほぼ中央にくるように置こうとすると、一番端の1枚は910㎜幅より狭くなるので、ここは後回しにして2枚目から貼っていく。

f:id:dark-eyes-owlet:20200215212541j:image

【合板貼り途中の表の縁側】

ここも途中にある柱の位置に合わせて合板を切り込んで、柱をかわして合板を入れていく。

ここでも難しいのは縁側の幅が徐々に変化することだ。最初の方は970㎜幅だったのに、先に進むにつれて幅が狭くなってくる。根太4本の間に5㎜以上変化するので丸鋸定規を使って直角に切っていては縁側にはまらなくなってしまう。

わざと斜めに切って納めるところに合わせていった。直角に切ろうとしてもズレてくるが、わざとズラすのも難しい。

f:id:dark-eyes-owlet:20200215214331j:image

【今日の成果】

柱をかわす切り込みや、幅を合わせていく作業などで、2時間程度の作業だがここまでしかできなかった。

まだ、仮固定のビスも打てていない。

明日はもう少し頑張ろう。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

裏の縁側の断熱材と合板貼り

今日はフロイデさんと現場で集合し、断熱材を入れる作業の続きをやった。

f:id:dark-eyes-owlet:20200209164110j:image

【丸鋸定規と断熱材】

断熱材の切断作業もだいぶん慣れてきたので、入れるところの寸法を計測して断熱材に印を付けて丸鋸で切断する一連の作業のリズムができてきた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200209164637j:image

【断熱材が入った部屋の西側】

まずはこちらの断熱材を入れた。

次は表側の雨戸の前の断熱材を入れた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200209165014j:image

【断熱材が入った雨戸の前】

こちらも一区画一区画の寸法が違うので、慣れてない頃は手間がかかったが、慣れると結構面白い。

これで一通り断熱材が入ったので、昼食後に丸鋸の刃を通常のチップソーに変えて構造用合板を切断することにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20200209165954j:image

パネルソーのきつつき刃】

合板を貼るときに柱の位置に切り込みを入れる必要がある場合に、このパネルソーのきつつき刃が役に立った。

上の画像のように合板の途中から鋸刃の先を入れることができる。

f:id:dark-eyes-owlet:20200209170530j:image

パネルソーきつつき刃の刃先】

鋸刃の先端に引っ掻く刃が付いていて、これを使って合板の途中から切り込むことができる。

棟梁が便利に使ってるわけだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20200209171203j:image
【切り込んで入れた合板】

こんな感じの作業が同じ手鋸でできる。これは便利だ。55㎜までしか切り込めないので、幅広タイプもあったら良さそうだ。
f:id:dark-eyes-owlet:20200209170909j:image

【合板を貼り終えた裏側の縁側】

で、ここまで一気に貼り終えた。

このまま続きで部屋の西側にも合板を貼っていく。

f:id:dark-eyes-owlet:20200209171615j:image

【合板を貼り終えた部屋の西側】

合板と合板の継ぎ目が必ず根太の幅の中央にくるように合板の長さを合わせる必要があることに作業をやりながら気が付いた。

やはり、やってみることは大事だ。

今回は、合板の隅を長さ38㎜のビスで留めただけだが、合板の位置がこれで良ければ長さ38㎜の鉄丸釘で固定して仕上げる必要がある。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

断熱材を入れる作業 続き

今日は夕方に用事があったので、午後半休で現場に出かけ、夕方まで先日の作業の続きをやった。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205192245j:image

【断熱材専用の丸鋸刃】

先日も使った断熱材専用の丸鋸刃。商品説明には切り粉が飛び散りにくいとある。

確かに木材を通常のチップソーで切ると切り粉が周辺に飛び散り、後の掃除が広範囲になるが、この刃で切断した断熱材の切り粉の飛散範囲は狭い。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205201434j:image

【作業後の丸鋸のベース】

ただ、飛び散らないのは良いが丸鋸本体が切り粉でコーティングされたようになってしまう。まぁ、ウレタンフォームの粉やから仕方ないかな。

で、先日やり残した箇所の断熱材を入れる作業を始めた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205201558j:image

【やり残した箇所1】

こんな所は長方形に切ってはめるだけの箇所と違って面倒くさい作業なので、集中力が低下してくる作業後半だと、作業が上手くいかず放置していた。
f:id:dark-eyes-owlet:20200205201531j:image

【断熱材を入れた後】

右下隅の小さな隙間にも断熱材が収まった。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205202228j:image

【やり残した箇所2】

こちらもなかなか複雑な形状をしている。大まかにサイズを計測して断熱材を切断する。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205202606j:image

【断熱材を入れた後】

ここもそれなりに収まった。左上の隅にも断熱材が入っている。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205202453j:image

【やり残した箇所3と切断した断熱材】

こうなるとなかなか面白くなってくる。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205202946j:image

【断熱材を入れた後】

こちらも収まった。

f:id:dark-eyes-owlet:20200205203406j:image

【裏の縁側の断熱材】

これで、裏側の縁側の通り全てに断熱材が入った。

時間も17時が近づいてきたので今日の作業はこの辺で終了。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

縁側の断熱材を入れる作業

今日はフロイデさんが付き合ってくれるので、寺本棟梁が入れた根太間にスタイロフォームを入れていく作業をやった。

f:id:dark-eyes-owlet:20200202165811j:image

【断熱材専用丸鋸刃のエコ丸】

以前、木村棟梁が断熱材の切断に使っていた専用丸鋸刃を購入しておいたので、通常のチップソーと交換して作業開始。

f:id:dark-eyes-owlet:20200202170049j:image

【断熱材受け用の釘を打つフロイデさん】

断熱材を根太間のサイズに合わせて切断している間に、フロイデさんには断熱材受け用の釘50㎜を根太の下端から15㎜のところに打ち込み深さ約15㎜で打ち付ける作業をやってもらった。

f:id:dark-eyes-owlet:20200202170452j:image

【根太の側面に打ち付けた釘】

根太を打ち付けた後に断熱材を入れる作業もなかなか難しい。これもフロイデさんにお願いして、自分はひたすら断熱材の切断作業。

元々の構造が鉦が出てなかったり、通りが通ってなかったりしていたものを修正しながらの作業なので、断熱材のサイズもまちまちになる。

結局、一枚一枚がイージーオーダーからフルオーダーメイドの作業だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20200202170934j:image

【裏側の縁側に入れた断熱材】

それでもフロイデさんと手分けしての作業だったのでそれなりに捗った。

f:id:dark-eyes-owlet:20200202171133j:image

【表側の縁側に入れた断熱材】

ここまで入れるのに二人がかりで5時間かかった。なかなかの作業だ。

残りの表側の雨戸の戸袋前、裏側の窓の前、部屋の西側は次回の作業にした。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

 

縁側の床下地貼り作業の準備

 

 

f:id:dark-eyes-owlet:20200201214817j:image

【棟梁が使っていたパネルソーきつつき刃】

今週の頭に棟梁が縁側の根太までを完了させてくれていた。

電話で棟梁と話したら、棟梁が「全部やってもたらあかんやろ」と、そうなんです。棟梁が現場に入ると勢いで作業が進んでしまう。今回は棟梁が気を利かしてくれて作業を残してくれた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200201212811j:image

【根太が付いた表の縁側】

こちらは元の木製の建具を戻す予定だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20200201212929j:image

【部屋側大引きに入った根太】

大引きの天と根太の天との高低差には12㎜の下地合板が入る。

f:id:dark-eyes-owlet:20200201213217j:image

【外から見た縁側】

棟梁が入れた大引きに合わせてサイコロ石を設置したので位置合わせは楽勝と言っていたが、見事にズレていた。棟梁ごめんなさい。f:id:dark-eyes-owlet:20200201214740j:image

【南西の隅】

こちらは画像左側に雨戸の戸袋が付いているが、縁側の大引きの通りとズレていたので、左側奥の柱を起こしてズレを修正してくれていた。

画像中央上は猫用の出入口跡。

f:id:dark-eyes-owlet:20200201213518j:image

【根太が付いた裏の縁側】

こちらは北側の六畳二部屋を四畳半二部屋にして作った裏側の縁側。こちらにも根太が付いていた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200201214222j:image

【部屋の西側】

こちらは廊下にするか、倉庫に保管している押し入れダンスを戻すか迷っているが、こちらにも根太を入れてくれていた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200201215539j:image

【根太受け材が付いた柱】

90㎜角の柱材を半分に割ったような木材が柱に打ち付けられて根太受けになっていた。

この辺りの細工は後の作業の参考になるので寸法などを記録しておいた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200201215903j:image

【床下地の裏側】

これは昨年、木村棟梁が部屋の床下地貼りをしてくれた場所を床下から見た画像だ。

50㎜の鉄丸釘を15㎜程度打ち込んで断熱材のスタイロフォームを支えている。

明日はこの作業をやるので、今日は材料を購入し道具等の確認をした。

さぁ、明日はどこまでやれるか。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

 

束石の再設置作業

昨日、棟梁から課題をもらったので、今日は一つでも多くの課題をクリアするために朝から現場に出かけた。

f:id:dark-eyes-owlet:20200126215229j:image

【以前設置した沓石】

棟梁が南側縁側の柱の起こしと大引きの設置をしてくれたが、それらの通りと沓石の位置が合っていない。

沓石設置時に棟梁から、柱の位置に合わせずに鴨居に合わせるように言われていたのに、どうしても近いところにある柱の根元に惑わされてこの結果だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20200126215700j:image

【再設置したサイコロ】

今回は棟梁が起こした柱や大引きに合わせれば良いので位置決めは容易だ。

高さも大引きからの距離で合わせられるのでレーザー墨出し器も必要ない。

f:id:dark-eyes-owlet:20200126220055j:image

【北側縁側の大引き下の束石】

コンクリートを練ったついでに、こちらの柱間の中央に束石も設置した。

さらに一番手前の柱の根元の沓石が動くと言われたので、沓石の周りにコンクリートを巻いておいた。

これらの作業をやっている間に、今日も付き合ってくれたフロイデさんは、北側軒下に設置した単管パイプの足場の解体と、屋内の木屑などを掃除機で掃除をしてくれた。

一人の作業だったら今日一日でクリアできなかった課題になるところだ。

今日もフロイデさんに感謝だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20200126221014j:image

【足場解体後の北側】

足場組立後1年近く経過していたが、棟梁が現場に入って一週間で解体となった。役だったんだろうか。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。