読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固定資産税の納付

f:id:dark-eyes-owlet:20170521144235j:plain
【シダ類】
敷地内のシダ類。あちこちに生えている。
春にはワラビやゼンマイがいたるところに出ている。

f:id:dark-eyes-owlet:20170521144303j:plain
【フキ】
春にはフキノトウもいくつか見ることができる。

f:id:dark-eyes-owlet:20170521144345j:plain
ヤマノイモ
ヤマイモのツルだと思うが、秋にはムカゴがなっている。

山の斜面に家が建っている感じだ。
これでも宅地?
山林としか思えないけど登記簿上は宅地。
したがって、宅地としての固定資産税を納付しないといけない。

納付期限が5月1日までだったが、うっかり滞納してしまった。
市役所の収納課に連絡をしたら、丁寧に5月末日までの納付用紙を送付してくれた。親切だ。
とにかく本日納付完了。

f:id:dark-eyes-owlet:20170521144744j:plain
【南東面の仕上げ塗装完了】
で、今日も塗装作業の続き。
上の方の三角部分の上部にもなんとか手を伸ばして塗装した。

f:id:dark-eyes-owlet:20170521144841j:plain
【南西面の塗装作業準備】
次は南西面の塗装を始めることにした。
少しでも暑くなる前に直射日光の当たる面をやり終えたい。

そこで、南西面に三間梯子をかけるための足場を準備して今日の作業は終了。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

とにかく屋根に登る

f:id:dark-eyes-owlet:20170514154646j:plain
【隙間の補修】
棟の北西の端の部分に、トタン板を打ち付けてある構造材が見える部分があった。

前から気にはなっていたが塗装作業を進めたいので放置していた。

それでもこのままと言うわけにはいかないので、補修テープでふさいでテープがはがれないように全体をコーキングで固めて、仕上げ塗料を塗っておいた。

まぁこんなもんで良いやろ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170514141651j:plain
【南東面の仕上げ塗装完了】
やっぱりこの仕上げ塗料の色は目立たんなぁ。
仕上げた感がなさすぎ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170514155232j:plain
【棟の側面の三角部分】
この三角部分の上部に手が届かん。
梯子はこれ以上長い梯子は掛けられない。

まぁまた考えるとするか。

中央部分の鉄板のトタンじゃない部分の入れ替えも先送り。

次は北西面なので足場の移動からせんといかんなぁ。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

道具を発掘

f:id:dark-eyes-owlet:20170513231404j:plain
リョービのトリマ TR-40】
木材加工を始められるのはまだまだ先だが、ペンキ塗りばかりでは面白くないので、木材加工の準備でも始めて気を紛らわすことにした。

で、電動工具のことを調べたり、必要になりそうな工具を物色している。

そこで、自宅の収納庫をひっくり返していると出てきたのが上のトリマ。

大昔、近隣のホームセンターが改装のための売りつくしセールを開催していたときに見つけて購入していたものだ。

ビットも確かストレートビットを1本購入していたと思う。

始動の時のショックが少ないTRE-40なら良かったが、まぁこれはこれで即戦力の道具だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170513231415j:plain
【フレキシブルスタンド UB-100】
次に見つけたのがこれ。
丸鋸やトリマを固定してテーブルソーの様にして使用するものだ。

これも大昔、丸鋸を購入したときに一緒に購入したものだったと思う。

一度は使ったと思うが、工具を固定したまま収納する場所がなく、使うときに組み立て直さないといけないのが億劫で、収納庫の肥やしになっていた。

あ~ぁ、こんなの使って木を切りたいなぁ。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

土間の片付け

f:id:dark-eyes-owlet:20170506132352j:plain
【玄関から見た土間】
今日は昼から雨の予報なので、屋根に上がるのはやめて、室内の片づけをすることにした。

ただ、その片付けが一番苦手な作業だ。
これまでも、ちょっとした時間に片付けなあかんなぁと考えたことは幾度かあるが、そのたびに途方に暮れて手を出さずにきた。

今日こそはの思いと共に土間の片付けを始めた。

beforeの写真はあまりにひどいのでない。
以下はafterの写真ばかり。
片付いてないと思われる方もおられると思うので、もう一度言う。

以下はafterの写真。

f:id:dark-eyes-owlet:20170506133154j:plain

f:id:dark-eyes-owlet:20170506133212j:plain

f:id:dark-eyes-owlet:20170506133229j:plain

f:id:dark-eyes-owlet:20170506133246j:plain
どうだ、やればできるんだ。
これでお茶ぐらい出せそうだ。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

北東面の仕上げ塗装作業続き

f:id:dark-eyes-owlet:20170505150812j:plain
【再生中の看板】
子供がせっかく作ってくれた看板を、まだ立ててなかった。

道路側に立ててやろうと思っていたが、とりあえず玄関横に掲示しておくことにした。

で、今日も朝から塗装作業。
仕上げ塗装は嫌いなケレン作業がないので気持ちは少し楽だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170505151213j:plain
【朝から2時間でここまで】

f:id:dark-eyes-owlet:20170505151425j:plain
【うちのが握ってくれたおにぎり】
ちょっと腹ごしらえと休憩して、塗装作業の続きをやる。

f:id:dark-eyes-owlet:20170505151643j:plain
【今日の成果】
で、2時間やってここまで。
例によって下から手が届くところは、ペール缶に入れたペンキの量の調整用。
ペール缶のペンキがちょうどなくなったので、今日はここまで。

ここまで塗るのに昨日から約6時間。
後何日かかるかなぁ。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

仕上げ塗装開始

f:id:dark-eyes-owlet:20170504141702j:plain
【仕上げ塗装用塗料】
右はこれまで塗っていた錆止め塗料のサビキラープロ。

左がこれから塗る仕上げ用の塗料の遮熱屋根用塗料。

トタンの下には茅が残っているので、遮熱の必要性はないと思うが、まぁせっかく塗るんだからこれでいくことにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20170504143448j:plain
【左が遮熱塗料、右が錆止め塗料】
色は銀黒。黒も考えたけれど、せっかく遮熱なので、ちょっと控えめに銀黒にした。

でも、なんか代わり映えがしない。

f:id:dark-eyes-owlet:20170504144546j:plain
【見る角度を変えても】
やっぱりたいして変わらない。

f:id:dark-eyes-owlet:20170504144711j:plain
【今日の成果】
で、作業時間2時間ぐらいでこんなもん。

ゴールデンウィーク中に終わるなんてとんでもない。

まぁ今更焦ってもしょうがない。
やってりゃそのうち終わるやろぐらいの気持ちでやろう。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

照明器具をどうするか

f:id:dark-eyes-owlet:20170501143117j:plain
【中途半端にレトロな照明器具】
室内には照明器具が残っている。
屋根の塗装が完了すると、次は室内に戻るので、天井にある照明器具が邪魔になる。

f:id:dark-eyes-owlet:20170501143511j:plain
【似たような照明器具】
南側の庭に面した部屋に上の照明器具。

f:id:dark-eyes-owlet:20170501144214j:plain
【台所の照明器具】
納戸と呼ばれる台所の横の部屋にも同様の照明器具がある。

通電してみるとちゃんと点灯する。

蛍光管とグロ一球を交換すれば十分実用になる。

でも、蛍光管を今後も使い続けるかどうかだ。
自宅の方は蛍光管の器具は、順次LED照明に交換している。

古民家再生ブログの野人さんによると、LED照明の方が虫が集まり難いとの事だ。

これらの照明器具をどうするかなぁ。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。