コウモリの糞をまた確認

連休中に現場に行ってなかったので、今日は様子を見に行った。

玄関の引き戸を開けて一番先に確認するのが下地床の上にコウモリの糞がないかだ。

あ~あ、糞発見。

コウモリ除けのミントの葉の効果が薄れてくるとこの有様だ。

さっそく、庭のミントを採取して吊り下げていた袋の中の葉と交換しておいた。

そうそう、ミントの葉の抽出液も少なくなってきたので、また作っておこう。

f:id:dark-eyes-owlet:20190716223215j:image

【ミントの葉のアルコール漬け】

と言っても摘んだミントの葉を水洗いして密閉容器に入れて、消毒用のアルコールを入れただけ。これで後は放置しておくと完成。

で、現場での作業の方は目を少し離すと元気になる草木の勢いを少し弱めておく作業。(本当に毎週草刈りしても、その程度の効果しかない気がする)

なんとなく始めた作業なので、作業前の画像はない。

f:id:dark-eyes-owlet:20190716224649j:image

【母屋の前】

やはりこちらは変わり映えがしない。

f:id:dark-eyes-owlet:20190716224805j:image

【北の倉庫の北側】

こちらは、張った防草シートの端から伸びた草を刈り取った。こちらは変わり映えしてる。

f:id:dark-eyes-owlet:20190716230654j:image

【西の倉庫の北側】

こちらも同様にシートの端から伸びた草を刈り取った。防草シートの端ってなんとかならんかなぁ。

ふと屋根の方を見上げるとこの有様。

f:id:dark-eyes-owlet:20190716230919j:image

【西の倉庫の軒下】

壁から軒裏からマメ科の植物が生えている。壁土や瓦の葺き土から芽を出したのだろうか。これもなんとかしたいけど簡単に手が届かない。

そして、母屋内の確認。

f:id:dark-eyes-owlet:20190716231322j:image

【北側の部屋の濡れた床の下地】

こちらの部屋の上の瓦が下ろされて、ブルーシートで覆われているので、少し激しい雨が降ると雨漏りも激しくなるようだ。

今週は梅雨明けの大雨も予想されるので、とりあえずブルーシートを敷いておいた。

f:id:dark-eyes-owlet:20190716231856j:image

【屋内に敷いたブルーシート】

あぁ、どこもかしこもブルーシートだらけになってしまう。

 

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

 

離れの屋根の苔を除去する作業

今日はこのブログを書き始めてからまる3年がたち、今日から4年目に入る日だ。

朝から本宅のメンテナンス作業をいくつかこなしてから現場に向かった。

気になっていたがなかなか手が回らなかった西側の離れの屋根の瓦に付着した苔を取り除く作業をやった。

f:id:dark-eyes-owlet:20190707150928j:image

【離れの屋根】

2年前のこの頃だった、左官職人の松田さんとこの屋根に上がり、瓦の漆喰部分の応急的な補修をしてもらった。

その時も目立つ苔は取り除いたつもりだったが、先日屋根を見上げたら以前より苔の量が増えていたので、一日でも早く除去作業をやらんといかんと考えていた。

f:id:dark-eyes-owlet:20190707151428j:image

【瓦に生えた苔】

こんな具合に瓦に苔が生えていると言うことは、苔の根が瓦に入り込んでいるので、瓦に良いはずがない。

カッターナイフを使って苔を削ぎ落として行く作業を1時間半かけてやったが、靴の底が熱くなって屋根の上に立っているのが困難になってきたところで、ほぼ全面を終了した。

f:id:dark-eyes-owlet:20190707152039j:image

【苔の除去後】

作業途中にズレている瓦もとりあえず修正しておいた。またズレるだろうけどなぁ。

f:id:dark-eyes-owlet:20190707152314j:image

【右から2枚目が下にズレていた瓦】

こんなことをしても気休めかもしれないけれど、やらないよりはやった方がぐらいの効果でも、今やれることはできるだけやっておきたい。

瓦を葺き替えるのが正解なんだろうけど、母屋の改修の目処もたっていないので、この辺で勘弁しといて欲しい。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

南側開口部の沓石の設置作業

今日は南側開口部に沓石を設置する作業をやるので、まずは雨戸の枠を仮に固定できるように単管パイプを組むことから始めた。

今日もフロイデさんが来てくれているので、単管パイプの位置を決めながらクランプを固定する作業がやりやすかった。

f:id:dark-eyes-owlet:20190706175415j:image

【南側開口部に組んだ単管パイプ】

虫喰いで落ちかけていた木を外すと、雨戸の枠が宙に浮いた状況になるので、単管パイプを組んで、垂木止めクランプを使って仮筋交い用の木材を固定し、その木材に雨戸の枠を固定した。

f:id:dark-eyes-owlet:20190706184000j:image

【設置した沓石】

3本の既存の柱の間に3個の沓石をほぼ等間隔(約100㎜)に設置した。

予定ではこの状態から、雨戸の枠の下の部分の両端を固定しているビスを外して下の枠ごと手前にズラすことができるか確認したかったが、ビスが固着していて外すことができなかった。この状態で大工さんの作業ができるだろうか。

f:id:dark-eyes-owlet:20190706184338j:image

【雨戸を閉めた状態】

とりあえず雨戸を戸袋から引き出し、雨戸を閉じてみた。単管パイプの高さを決めるのに苦労したが、上手く雨戸を閉めることができた。

f:id:dark-eyes-owlet:20190706193645j:image

【正面から見た雨戸】

雨戸と雨戸のつなぎ目の位置が設置した沓石の位置と一致している。

また、雨戸のつなぎ目も隙間なく閉めることができた。高さの調整にフロイデさんと苦労した甲斐があった。

まぁとにかく雨戸が上手く収まったところで、先週玄関前がプール状態になったので、排水路の確保を試みることにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20190706195206j:image

【土を掘った排水路】

玄関前から県道側の側溝に向かって溝を掘っているが、側溝手前のコンクリート部分で雨水が堰き止められて、そこから先が流れにくくなっていたので、コンクリートを一部分ハツって右の側溝に向かう流路を確保した。

f:id:dark-eyes-owlet:20190706195031j:image

【県道側の側溝】

雨水をそのまま側溝に流すと土も流れ出てしまうので、プラスティック製のゴミ箱を仮に埋めて雨水枡の代わりにした。

これである程度は直接泥が流出することを防げるだろうか。

この状態で雨水の流れを確認してから、暗渠用のパイプかU字溝の埋設を考えることにした。

予定していた作業がほぼ終わった頃にロードバイクが入ってきた。最近、現場前の県道を法華山一乗寺に向かう道路がお気に入りになって休日に走られているそうだ。

作業終了時で疲れていたので、なんのおかまいもできずに申し訳なかったが、また立ち寄っていただきたいものだ。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。 
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。 

雨漏り箇所の確認

今日は雨がいつ激しく降ってもおかしくない天気なので、特に作業は予定していないが、こんな時こそ雨漏り箇所と程度の確認ができるので現場に出かけた。

f:id:dark-eyes-owlet:20190630140029j:image

【西側の離れ】

こちらの離れは今のところ手を入れる余裕がないので、今のままでそっとたっていて欲しい。そんな願いを込めながらいつも雨漏りを確認する。

今のところまだ大丈夫そうだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20190630140355j:image

【玄関先の水溜まり】

やはり雨量が多いと広範囲で水溜まりができてしまう。早く排水溝を考えないといけない。

f:id:dark-eyes-owlet:20190630163648j:image

【水槽跡にかけたブルーシート】

昨日ブルーシートをかけた水槽跡だが、シートの手前側に雨水がたまっている。少しでも弱いところがあると、シートがたわんで水が溜まってしまう。とりあえず今日は溜まった水を落とし、その位置のブルーシートの下に板等を置いてブルーシートが下がらないようにした。これでまた様子を見よう。

f:id:dark-eyes-owlet:20190630164903j:image

【北側の倉庫】

こちらの倉庫は駐車スペース確保のために解体を予定しているが、一棟丸まま解体するのも大変な作業になるのでなかなか手が付けられない。

中には資材が保管されているのも手が付けられない理由の一つだ。

屋根の形を見ると全部解体しなくても屋根の低い部分だけを解体するだけでもある程度駐車スペースは確保できそうだ。当面それでいくかなぁ。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。 
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。 

 

 

キッチンエリアの防湿シート張り

先週末は作業ができなかったので、今週末は頑張ろう。っと朝からフロイデさんと現場に向かった。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629225328j:image

【キッチンエリアのミニシンク】

最初はこちらのキッチンエリアに防湿シートを張る準備から。

まずはこのミニシンクをなんとかしないと防湿シートが張りにくい。先週から考えていたが、後ろの柱に固定してシンクを宙吊りにする案しか浮かばなかった。

ところが今日、フロイデさんの提案でこうなった。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629225925j:image

【ミニシンクがなくなったキッチンエリア】

ねっ、ミニシンクがなくなったでしょ、

シンクを撤去したわけではないですよ。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629230121j:image

【土間側に移動したミニシンク】

フロイデさんが給排水の配管を取り外して、ミニシンクを土間側に移動させた後に、またフロイデさんが給排水の配管を再接続した。

なんと作業時間は10分もかかっていない。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629230836j:image

【防湿シートを張ったキッチンエリア】

防湿シートを張る作業も二人でやると早い。巻いてあるシートを伸ばしたり、二つ折りになってるシートを広げたりする作業もやりやすい。

次にやる作業は南側の雨戸の枠を取り外し沓石を設置する準備作業。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629231401j:image

【柱と柱の間の横材を外した後】

横材を外した後は、この雨戸の枠を取り外す必要があるが、この枠を外してしまうと当然のことながら雨戸が閉められないので、開口部を塞ぐ手立てを考えておかないといけない。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629231809j:image

【単管パイプで支えた雨戸の枠】

そこで、手元にある単管パイプを組んで雨戸の枠を支えて見た。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629232040j:image

【閉じた雨戸】

この状態でフロイデさんが雨戸を閉めてみてくれた。これはいけそうだ。次週は100㎜の単管パイプを用意して自立できるように組んで、雨戸の枠を支えられるようにしてから沓石の設置をすることにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629232427j:image

【水槽跡のブルーシート】

最後は、こちらの水槽跡にかけていたブルーシートが雨水の重みでシートが落ちてしまっていたので、このブルーシートに片流れの傾斜をつけて張ることにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629232741j:image

【片流れのブルーシートの覆い】

これだけ傾斜をつければブルーシート上に雨水は溜まらずに雨水の重みでシートが落ちることはないだろう。心配なのは風であおられないかだけだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20190629233058j:image

【草刈り後の庭】

そして私が屋内の片付けをしている間にフロイデさんが庭の草刈りをしておいてくれた。今日も有り難う御座いました。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。 
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。 

 

 

現場の見回り

今週末は土日共に別件があって作業時間が確保できない。かと言って現場の様子も見ておかないといけないので、今日の午前中の少しの時間だけでも現場に行くことにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20190622113239j:image

【県道側から見た庭の様子】

せっかく現場に来ているので草刈り作業だけでもやろうと考えていたが、先週フロイデさんの刈り方が良かったのか、草がそれほど伸びていない。

なので、刈り払い機で刈りにくかった所を手鎌で刈り取っていった。

f:id:dark-eyes-owlet:20190622172516j:image

【コウモリ避けのミントの葉】

そして、母屋内にぶら下げているコウモリ避けのミントの葉を新しいものに交換しようと思ったが、次の予定の時間が迫っている。

f:id:dark-eyes-owlet:20190622172823j:image

【ミントの葉をエタノールに漬け込んだ液】

そこで、ミントの葉をエタノールに漬け込んだ液をスプレー容器に入れて、ぶら下げてあるミントの葉にスプレーをしておいた。

これでなんとか来週まで効果があれば良いんだけれど。

f:id:dark-eyes-owlet:20190622173413j:image

【野イチゴ】

草刈り作業中に見つけた野イチゴ。

f:id:dark-eyes-owlet:20190622173526j:image

イヌホオズキ

何かよくわからないが、花と実から推定するとミニトマトかなす料の植物だと思うが、コンクリートの隙間から伸びている。

2019.06.25追記

まねきねこさんからコメントを頂きました。イヌホオズキと言う植物だそうです。ソラニンと言う毒を含んでいるので週末に刈り取ります。

 

こうやって、大した作業はできないけれど、一週間に一度は現場の雨戸を開けて人の気配を漂わせてやると野生動物も近付きにくいだろう。

 

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。 
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。 

キッチンエリアの束石設置

昨日は雷雨を伴う悪天候で作業はお休み。その分、今日は頑張ろうと朝から現場へ。

と言っても、本来昨日のうちに材料を仕入れておくつもりだったが、荷物の積み込みも困難そうな豪雨にくじけ、今朝、現場に向かう前に仕入れたので、作業開始は10時頃からになった。

現場に着いて唖然。母屋内の何カ所かに水溜まりができている。

f:id:dark-eyes-owlet:20190616211937j:image

【母屋内の南側の水溜まり】

これはいかんなぁ。早くなんとかせんと。

そんなことを考えているとフロイデさんも到着したので、今日の作業はキッチンエリアの束石を設置することに。

f:id:dark-eyes-owlet:20190616213419j:image

【基準にした大引きとレーザー墨出し器】

棟梁が設置した大引きを基準に鉦のラインを出して、ライン上にまず一つ目の束石を設置する。

例によってレーザー墨出し器の設置に手間取っていると、フロイデさんは庭の草刈り作業をやってくれた。こんなところも本当に有難い。

f:id:dark-eyes-owlet:20190616214407j:image

【水平ラインも合わせた束石】

最初に設置したこの束石を基準にして各束石の高さも合わせていく。

f:id:dark-eyes-owlet:20190616215245j:image

【設置した6個の束石】

基準にした大引きからの距離を芯から芯で955㎜とし、隣り合う束石間も芯から芯で955㎜とした。

f:id:dark-eyes-owlet:20190616215750j:image

【束石周りも固定し完成】

位置と高さを決めて設置した束石の周りを残ったコンクリートで固定していった。

これで今日の作業予定は終了。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。