玄関土間の片付け

f:id:dark-eyes-owlet:20180217195415j:plain
信楽焼の狸】
この狸、どうもこの家の主が宿っているような気がする。
なので、神棚に置いてみた。ここなら文句はあるまい。

f:id:dark-eyes-owlet:20180217195657j:plain
【玄関土間の現状】
で、玄関土間に鎮座していた古狸さんには神棚に上がってもらって、今日はここを片付けることにした。

先週予告したように、玄関土間の天井も解体して、黒光りしている梁を露わにしてやろう考えているので、下の作業スペースを確保するために、諸々のものを別の場所に移動させる事にした。
またまた移動させるだけでは片付けにならないのは百も承知だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20180217200308j:plain
【玄関土間の片付け後】
とりあえず玄関土間はすっきりした。

f:id:dark-eyes-owlet:20180217200604j:plain
【茅の束】
天井裏にはこんな束が山積みになっている。藁の束だと思っていたが、どうも藁ではないようだ。茅葺き屋根の補修用に保管していたのだろうか、茎の表面に艶があって藁のそれとは明らかに違う。

何にしても、茅葺きに戻すつもりはないので処分を考えないといけない代物だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20180217201051j:plain
【天井裏の梁】
待ってろよ! もうすぐ外の空気を思いっきり吸わせてやるからな。


こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

珈琲の焙煎をやってみた

f:id:dark-eyes-owlet:20180212155356j:plain
【珈琲の焙煎器具】
先日、うちのが珈琲の焙煎の教室に行ってきて、焙煎用の器具を買ってきた。

帰宅後に教室で焙煎してきた珈琲をドリップ式で入れてくれたが、これがなかなか良い香りで、うちのが器具まで購入してきたのがわかる。

何でも自分でやってみたくなる性分なので、さっそく自分も焙煎に挑戦。

f:id:dark-eyes-owlet:20180212160144j:plain
【焙煎器具に生豆】
ガスコンロの弱火の上で、出てくる湯気の香りを嗅ぎながら・・・。優雅な時間だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20180212160630j:plain
【焙煎した珈琲豆】
ちょっと浅煎り加減だが、最初はこんなもので。

f:id:dark-eyes-owlet:20180212160819j:plain
【珈琲メーカーで入れた珈琲】
うちのが受講してきたのは「珈琲は生鮮食品」、煎りたてが一番美味しいと言う教室。

自分で初の自家焙煎珈琲。黙って出されても珈琲だとわかる味にはなったが、特に美味しいわけでもなく不味いわけでもない。

うちのが持ち帰ってきた珈琲はあんなに美味しかったのに。

こりゃあ意地になりそうだ。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

台所の野縁の解体作業

f:id:dark-eyes-owlet:20180211141338j:plain
【前回の残りの板野縁】
先週、作業途中で来客があったので、少し残った板野縁を解体するところから今週は作業開始。

腰袋を使うようになったことと、作業が慣れてきたことで段取りが良くなった気がする。

f:id:dark-eyes-owlet:20180211183033j:plain
【残った板野縁の解体後】
バールと金槌と手鋸を持ち替えながらの作業が楽しくなってきた。

f:id:dark-eyes-owlet:20180211181931j:plain
【既設の屋内配線】
天井裏に蜘蛛の巣のように張られた配線があったが、銅線をつないでビニールテープで巻いただけ。
雨漏りもしているような天井裏にこんな配線で大丈夫だったのか。

f:id:dark-eyes-owlet:20180211183159j:plain
【野縁の解体後】
解体が進んで露わになると、梁や桁梁の状態がよくわかる。

やはりはがせるところは解体して構造体の状態をキチンと把握することにしよう。

f:id:dark-eyes-owlet:20180211183656j:plain
【玄関土間の天井】
次はここを解体してやろう。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

台所の天井下地の解体作業

f:id:dark-eyes-owlet:20180204175840j:plain
【台所の天井下地】
今日は午前中に用事を済ませて午後から現場。

先週根太を解体した台所の天井の下地を解体することにしたが、なんかここの板野縁の間隔がこれまでの部屋より密でめんどくさそうだ。

これまでは手鋸で部分的に切断しながら外していったが、板野縁の数が多いので、切断しながらだと時間かかかりすぎるので、釘の打たれた箇所をバールでこじって外していき、板野縁を1本ずつ外していくことにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20180211182711j:plain
【板野縁の解体後】
端の方はまだ残っているが、ほぼ板野縁を2時間程度で外し終えた。
手鋸で切断しながらだと、もっと時間がかかっただろう。

ちょうどその頃、予定していたお客さんが到着した。

加西市地域おこし協力隊隊員(ワンダーアースクリエイト代表)の下江さんとお連れさんだ。

連れの方は、将来飲食店を開業したいと考えられていて、DIYにも興味がある方で、うちの現場に興味を持たれて下江さんが紹介下さった。

おそらく、床も壁も天井もない現場にあきれた事だろう。

その方は現在、試験的に営業されている店舗でランチを提供されている日があると言うことなので、次はその店舗に行ってみようと思う。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

根太の解体作業

f:id:dark-eyes-owlet:20180127145933j:plain
【南東の部屋の根太】
今週末は南東の部屋の根太の解体をすることにした。

で、現場に向かってみると。

f:id:dark-eyes-owlet:20180127150144j:plain
【現場の前の道路】
前面の道路が凍っている。
自宅からの道路は凍ってそうなところはなかったが、現場の直前の道路からテッカテカ。

まぁ今日は屋根の上に上がるわけではないので良かった。

f:id:dark-eyes-owlet:20180127150541j:plain
【根太に使われていた木材】
屋内の解体をやっていると敷居だったと思われる木材が柱の補強に使われていたりする。
そんな風に元々別の目的を持っていたと思われる材料を時々見つけることがある。
これも根太の一部に使われていたが、元々は何だったんだろう?

f:id:dark-eyes-owlet:20180127151211j:plain
【根太の解体後】
こちらの根太は大部分が蟻害にあっているので、道具を使わなくても手だけで外せた。
とりあえず大引は残したが、手で揺さぶるとぐらぐらする。解体しても問題なさそうなんだけどなぁ。

f:id:dark-eyes-owlet:20180127151603j:plain
【元台所の根太】
次はこちらの根太の解体。
こちらの根太は意外と蟻害にあっていないので、このまま利用することも考えたが、床下の土間の湿気が気になるので、根太を解体することにした。

先週の天井下地材の解体では、脚立上の作業なので手鋸を使ったが、こちらは地に足がついているので電動丸鋸を使った。

f:id:dark-eyes-owlet:20180127152111j:plain
【根太の解体後】
やはり電動工具は良い。
安全には配慮が必要だが、電動工具はうまく利用できれば作業が捗る。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。

腰袋を買ってみた

f:id:dark-eyes-owlet:20180127135928j:plain
【購入した腰袋】
いつも作業の時に手工具を取りに屋根や脚立からの上り下りを繰り返していた。

先週の作業でも手鋸、バール、金槌、ドライバーぐらいしか使わなかったが、道具を持ち替える度に脚立からの上り下りを繰り返していたので、いつものAmazonで手頃なものを購入した。

f:id:dark-eyes-owlet:20180127140732j:plain
【腰に装着】
袋のどこに何を入れたらいいかわからないままに適当に放り込んだ。

で、今日の作業を始めてみた。
最初は道具を手探りで持ち替えるのに手間取ったが、2時間ほど作業を続けていると必要なものが利き手の方に集まり、補助的に使用するものが反対側にと、道具の位置も決まってきて道具を持ち替えるのも様になってきた(自己満足)気がする。

購入した腰袋そのものには不満もあるが、それは追々適切なものに交換していくとして、腰袋で手工具を身に着けることは作業効率を上げそうだ。

そりゃそうだろな。職人さんはどの業種の人もそれぞれに必要な手工具を腰袋に収めて作業してるものなぁ。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい

天井下地の解体作業

f:id:dark-eyes-owlet:20180120210648j:plain
【天井板を外した後の下地】
先週は母屋の根太の解体作業を北側半分やったので、今週は南側半分をやる予定だった。

ところが、現場に立って上を見ると天井板を外したままの下地が残っており、その奥に真っ黒に煤けた梁が見えた。

この梁をちゃんと見てみたいと思い、今週はこの下地の解体をする事にした。

いざ作業を始めようとしたが、どこからどう解体していけばよいのか。
釘抜きを使って釘を抜いて外していこうとしたが、こんなことをしていたら板一枚外すのに1時間以上かかりそうだ。

ならば、丸鋸かチェーンソーを使って切断してバラバラにしながら外していくことにした。
ただ、脚立にまたがっての作業になるので電動工具は避け手鋸で切断することにした。

f:id:dark-eyes-owlet:20180120215550j:plain
【板野縁の解体後】
板野縁を切断しながら吊木も切断していった。手鋸だとさすがに疲れる。トタン板のケレン作業で傷めた右手第五指の関節が少し痛む。

次は残った野縁を外していく。

f:id:dark-eyes-owlet:20180121150605j:plain
【野縁の解体後】
煤けた梁だがなんか良い感じだ。
なんでこの姿を隠してしまったんだろう。
梁にはまだ下地材が打ち付けられたままだが、これもできるだけ梁を傷めないように外してやりたい。

f:id:dark-eyes-owlet:20180121152313j:plain
【脚立の伸縮足】
今回もこの伸縮足は大活躍。母屋の床下もまるで山の斜面のままのように起伏があるので、足の長さが調整できると安定して具合がよい。

f:id:dark-eyes-owlet:20180121151051j:plain
【梁と軒桁の接合部】
壁面の化粧合板も剥がしていったが、やはり雨漏りのひどいところは梁の腐朽で軒桁に掛かる部分が空洞になっている。

こんな部分は他にもありそうだ。

母屋全体の合板で隠された部分は一度全部剥がして確認した方が良さそうだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20180121151929j:plain
【玄関土間の天井】
玄関土間の天井も化粧合板で覆い隠されているが、ここも剥がしてみると煤けた太い梁が出てくる。

ここは剥がしたら良い雰囲気になるやろうなぁ。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい