読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単管パイプの組み立てを始める

古民家再生

f:id:dark-eyes-owlet:20161030170431j:plain
【組立開始】
単管パイプの組立なんて初めての作業で、紙に書いた計画通りになんてなかなか行かない。
自在クランプの使い方がこんなに難しいとは思わなかった。自在なだけに角度が固定できないので位置が決まらない。当たり前なんだけど、やってみて実感。
できるだけ直交クランプで組み立てる方が良いみたいだ。

f:id:dark-eyes-owlet:20161030170354j:plain
【梯子をどう置くか】
アルミの梯子をちょっと置いてみた。
これでは心もとない。もう一工夫する必要がある。

f:id:dark-eyes-owlet:20161030171149j:plain
【ブルーシートを固定】
この単管パイプの枠は後に下屋根の解体を始めた時のブルーシートの固定用にしようと考えている。土嚢で押さえるわけにはいかないから。
ただ、この黄色いパッチンクリップって言うしろもの、クランプより高い。
イデア商品か? でも便利だ。

f:id:dark-eyes-owlet:20161030171413j:plain
【直交クランプで組み直し】
最初は自在クランプで組んでいたが、直交クランプでやり直した。
これで少しはガッチリした感じだ。
体を預けるのに「感じ」
で良いのかどうか。