読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北西面のケレン作業

f:id:dark-eyes-owlet:20170312134033j:plain
【庭の水仙
ほったらかしの庭にも春はやってくる。
枯れ草の隙間に水仙が花を咲かせていた。

f:id:dark-eyes-owlet:20170312134256j:plain
【北西面の切り妻部分】
水の文字の形に穴があいている。
下の格子の形も中が見える。

f:id:dark-eyes-owlet:20170312221109j:plain
【格子の中】
中の茅葺きがよく見える。
こんな場所に鳥や蜂が巣を作らないわけがない。
鳥ならまだしも蜂が巣を作ったら近づくこともできなくなる。
蜂が飛び回る前にこの場所の作業を終えたいのだが・・・。

f:id:dark-eyes-owlet:20170312135002j:plain
【小動物のミイラを埋葬】
床下にいた骸を長い間放置していたが、今日は天気も良いし埋葬してやることにした。
食べるものがなくなってもこの屋敷から離れずに最後までいたんだから、この屋敷内に埋葬してやった。
期限切れの缶詰だが、おそらく君の主人が元気だったら君にあげたであろう缶詰めを供え、陶器の容器に木灰を入れて線香を立てて手を合わせた。
粗末な埋葬だが気持ちは込めたつもりだ。成仏しろよ。

f:id:dark-eyes-owlet:20170312135720j:plain
【今日の成果】
そんなこんなで、今日の作業はここまで。
北西面の半分程度のケレン作業が終了した。
あの切り妻部分に手を届かせる方法が思いつかない。
どうするかなぁと考えながら今できることをやっただけの今日の作業だった。

こんな雑なブログを最後まで読んでいただき有り難う御座います。
雑は雑なりに頑張って書き続けてみるんで、良かったらまた見てやって下さい。