古民家再生

玄関土間の片付け

【信楽焼の狸】 この狸、どうもこの家の主が宿っているような気がする。 なので、神棚に置いてみた。ここなら文句はあるまい。 【玄関土間の現状】 で、玄関土間に鎮座していた古狸さんには神棚に上がってもらって、今日はここを片付けることにした。先週予…

台所の野縁の解体作業

【前回の残りの板野縁】 先週、作業途中で来客があったので、少し残った板野縁を解体するところから今週は作業開始。腰袋を使うようになったことと、作業が慣れてきたことで段取りが良くなった気がする。 【残った板野縁の解体後】 バールと金槌と手鋸を持ち…

台所の天井下地の解体作業

【台所の天井下地】 今日は午前中に用事を済ませて午後から現場。先週根太を解体した台所の天井の下地を解体することにしたが、なんかここの板野縁の間隔がこれまでの部屋より密でめんどくさそうだ。これまでは手鋸で部分的に切断しながら外していったが、板…

根太の解体作業

【南東の部屋の根太】 今週末は南東の部屋の根太の解体をすることにした。で、現場に向かってみると。 【現場の前の道路】 前面の道路が凍っている。 自宅からの道路は凍ってそうなところはなかったが、現場の直前の道路からテッカテカ。まぁ今日は屋根の上…

天井下地の解体作業

【天井板を外した後の下地】 先週は母屋の根太の解体作業を北側半分やったので、今週は南側半分をやる予定だった。ところが、現場に立って上を見ると天井板を外したままの下地が残っており、その奥に真っ黒に煤けた梁が見えた。この梁をちゃんと見てみたいと…

根太の解体作業

【敷地内の雪】 いつ積もったかはわからないが、所々に雪の塊がある。この地は結構寒いのかもしれない。 【母屋の根太】 で、今日は久しぶりに作業らしいことをやることにした。 母屋の床板は以前に剥がしていたが、大引きと根太はそのままにしており、その…

新年初作業

【十畳の離れに中古のテーブル】 中古のテーブルを先日畳を敷いた離れに置いてみた。十畳なら四人掛けを2セット置けそうだ。さて、昨年は1月4日が作業初日だったが、今年は今日が初日。 作業内容は昨年の4日と同様で、庭周りの整理からやることにした。同時…

2018年の目標

【法華山一乗寺の三重の塔】 新年明けましておめでとうございます。今年も雑なブログですが、雑は雑なりに頑張って書いていこうと思うので、気が向いたら見てやって下さい。さて、つい先日、2017年の10の目標のさんざんたる結果を記載したばかりだが、やはり…

2017年の目標と実績

【屋根の塗装中】 古民家再生ブログの野人さんのブログに今年の目標の達成状況がアップされていた。そう言えば自分も野人さんの真似をして年頭に10項目の目標を立てていたが、改めて整理するまでもなく結果ははかばかしくない。以下がその目標と実績だ。(1…

ブルーシートの張り直し

【ずれたブルーシート】 ここ数週間は自分の身体のメンテナンスのために現場作業は控えめにしていた。久しぶりに屋根に上がると、ブルーシートがずれている。 ブルーシートを留めている単管パイプがずれて中央部がたわんでしまったのが原因だ。 本当は単管パ…

一人でやると言うこと

【神河町の丸藤さんの食パン】 以前、現場の倉庫の屋根の上の太陽熱温水器を下ろしてもらった丸藤さんに行ってきた。ここの食パンは卵もバターも使用せず石釜で焼いた、サクッとした食感と小麦粉の香りを楽しめる素朴な味わいの食パンだ。ここではいつもその…

十畳の離れの畳を敷く

【積み上げてある畳】 先日、積み上げてある畳に敷く位置が書いてないとこのブログに記載したが、よく見ると畳の横に書いてあった。ところが文字が読めない。周知の言葉なら想像で読めるんだが・・・。何とか読めたのが床前と脇前ぐらいだ。まぁなんとかなる…

十畳の離れの片付け

【雨戸を開放した離れの縁側】 今日は寒い朝を迎えたけれど天気はよいので現場に出かけた。この古民家を初めて見たときに一番気に入ったのがこの離れの縁側。 この離れが昭和40年代築の中古住宅と同様に無造作に解体されるのが忍びなくて、後先考えずに購入…

ブルーシートの張り直し

【今日の作業の成果】 今日は朝から天気も良く、久しぶりの現場だ。 と言っても新たな作業ができるわけではなく、二週続けての台風で吹き飛ばされたままのブルーシートを張り直す作業をやることにした。で、今日の成果が上の写真。 【張り直す前の状態】 4枚…

今週末も雨

【ブルーシートが外れたままの屋根】 まさかの二週続けての台風接近の予報。 台風自体はまだ列島に近づいていないが、秋雨前線による雨で朝から雨。先週の台風ではがされたシートを元に戻そうにもこれじゃあ屋根にも上がれない。とりあえず心配なので現地に…

雨漏りの様子

【玄関前の様子】 今日もやっぱり雨。 とは言っても週に一度は現場を見ておかないといけないと思い、雨合羽に長靴を履いて現場に向かった。長靴は大正解やったなぁ。玄関前の水溜まりがスニーカーだと完全に水没する水深。 【敷地からの排水の状況】 敷地の…

求む!! 改修のパートナー

【10畳の離れの縁側の下】 縁側の下がスレート瓦でふさいであるが、これでは床下の風通しが良くない。そこで、この瓦を外してステンレスの網のようなものを張って床下の換気を改善したい。 【母屋の床下】 こちらは根太の上に置いていた畳が片付いたので根太…

母屋内の片付け

【半分に切断した畳】 母屋で作業を始めるときは、残っている根太の上のものをよけながらの作業になる。これも効率が悪いので廃棄するものは廃棄していくことにした。そこでやっぱり厄介なのが12枚の畳。長いし重いこの畳。移動させる度に手間がかかる。なの…

本職と共に作業をすると言うこと

【大黒柱の前の 空き家時代の主】 7月、8月と合わせて本職の方に入ってもらって作業をやってみた。日数で言うと5日、本職の方の延べ人数は約11人。こちらの休日に合わせて作業に入ってもらったので、土日の作業となリ、資材が不足しても買い出しに走れるの…

久しぶりの塗装作業

【西側倉庫のトタン板】 屋内の作業を進めようとすると、屋内の諸々の物が邪魔になってくる。北側、西側の倉庫に移動している物もあるが、それぞれの倉庫もそれらの物であふれてきたので、倉庫に移動するスペースもなくなってきた。そこで先週ぐらいから倉庫…

水盛り管による不同沈下の測定

【自作した水盛り管】 主な柱の蟻害のひどさはわかっているが、柱の不同沈下がどの程度かは確認したことがなかった。プロの方なら当然レーザー測定器で確認するのだろうが、まずは水盛り管を自作してみた。2lのペットボトルに内径9mmの透明ホース10mを接…

腐朽した柱の交換

【腐朽した柱を抜いた接合部】 先週末は土日連続で現場に行き、大工さんと一緒に作業を行った。これまでブログのアップはできるだけ当日中にするようにしていたが、作業して帰宅後は体も頭も機能停止状態。で、日曜日の作業を今日アップすることに。この日は…

離れとの接続部の解体

【雨漏りによる腐朽箇所の補強】 今日も朝から暑い。お盆も過ぎたがまだまだ酷暑の中、大工さんに来てもらっての作業開始。接続部の解体を始める前に屋根の加重が利いている離れ側の柱の根元が腐朽しているので、新しい柱を添えて設置した。今日の作業をDIY…

廃材の処理

【廃棄木材】 北の倉庫の足元に埋もれていた木材類。 再利用できそうなものはほとんどない。 かと言って、このような廃材をすべて業者に引き取ってもらうとなるとそれなりの金額になる。伊那谷の古民家再生の野人さんの所のように薪ストーブや、薪ボイラーが…

屋根の補修と屋内の解体

【瓦屋根の補修】 今日も酷暑の中、京口左官工房の松田さんと屋根の上。 少しでも涼しいうちにと、屋根に上がったが、既に暑い。 【棟の瓦の補修】 本当は葺き替えた方が良いのだろうけれど、今はそこまで手(資金)がまわらないので、とりあえずの補修でしば…

瓦屋根の補修作業

【丸瓦の補修】 ここの丸瓦、長さの調整のために短くした瓦を入れるのはわかるが、その短くした瓦が上から2番目に入れてあった。隙間もあるし、なんか見た目の納まりも悪いので入れ替えることに。 【瓦を入れ替えた後】 さすがお寺の屋根の保守もやられてい…

古民家再生の新たなスタート

【離れの屋根】 母屋の塗装作業が終わって新たな目標を思案して途方に暮れていたところに、姫路の左官職人の松田さん(京口左官工房)に作業の指導をお願いしたら快く引き受けてくれた。とりあえず離れ側の屋根の瓦の保守作業を見学させてもらった。朝から屋…

やはり屋根が気になる

【西の離れと北西の倉庫の屋根】 母屋のトタン屋根の塗装が終了してから次の作業を思案していて、北の倉庫を解体して駐車スペースの確保をはかろうと考えていた。ところが、先日の記事を見られた左官職人の方が一度屋根を見てあげると言うことで、今日屋根の…

水回りの計画

【プロパンガスのメーター】 先日見学した古民家の様にとりあえず一部だけでも利用できるようにするにはトイレ等の水回りが必要になる。座れる場所は土間に設けるとして、トイレをどこに設置するかと、キッチンと風呂のだいたいの場所だけでも決定して、最低…

トタン屋根塗装の費用と時間

【お気に入りの場所】 この時期屋根に上がっているととにかく暑い。 塗料をペール缶に補充しに下に降りたときに小休止するお気に入りの場所だ。 エアコンがいらないとまでは言わないけれど、風が通り抜けて心地良い。通り土間の玄関を入ったところだ。 現状…